田中屋本店 ふるさとの味、越後の香り

越後名物笹だんご

笹だんご講座 新潟の逸品がご注文できます。オンライン販売受付中!
ギャラリーみなと工房
ご紹介 みなと工房 店主の日記 店舗一覧 笹だんご物語 購入ガイド 商品購入 お問い合せ トップページ

笹だんご物語

1.はじめに2.さてその由来は3.端午の節句と笹だんご4.笹だんごの作り方5.素材の話6.郷土料理としての笹だんご7.おわりに
ここでは、越後に古くから伝わる笹だんごの由緒やその特徴。そして食を通じた文化論など、笹だんごにまつわる様々なお話をご紹介します。笹だんごの知られざる魅力や興味深い話がいっぱいです。

1.はじめに

 米どころ越後が生んだ郷土の名産品「笹だんご」。古のころから人々に親しまれその生活に彩を与えてきました。現在も益々多くの人々が嗜好し、また新潟土産として全国に発送され、一部には海外にまで輸出されるようになった笹だんご。このお菓子を徹底的に解剖し皆さんにご理解いただこうと思います。

 現在笹だんごを製造販売している「業者」は、新潟市内に約50軒、新潟県内で100軒内外と思われます。その他、専門業者以外の生産者(例えば農協や農事法人)での生産、または個人の農家が市場などに売り歩いているものまで含め た出荷額は20億円以上ともいわれ、商品として販売されている笹だんごのいかに多いことでしょうか。またかつて多くの家庭で行われていたように、自家消費用としての生産はいまだかなりの家庭(農家が多い)で行われており、この分まで含めれば、笹だんごの生産量は相当なものと思われます。名産品としての位置を考えれば、他県の類似のお菓子に比べてもその認知度と人気度において絶大なものがあるように思います。

 かつて俵万智氏が、「イッセイの シャツ着こなせる若者が ふるさと自慢に言う笹だんご」とうたい、柏崎出身の詩人中村千栄子氏が「笹のだんごに きりきりと 菅を結んだ 指先よ・・・・・・」とうたいました。また、「恋知らぬ 女のちまき不形なり」などという句もあります。新潟人にとって米や米菓、清酒、鮮魚、枝豆など新潟名物、新潟土産は数あれど、笹だんごはまた別な意味で生活に密着し、郷土料理として特別な地位を築いてきたといえるかもしれません。

2.さてその由来は

 笹だんごの由来はいくつかの説があります。
1 戦国の武将上杉謙信が考案したという説
2 上杉謙信の家臣が考案したという説
3 上杉謙信の家臣の菓子役人が考案したという説
4 郷土料理のようにいつからか庶民が考え作り出したという説

 まず、 1 の上杉謙信が考案したという説はこれを裏付ける証拠がありません。笹に包むことで品質保持している餅菓子です。いかにも戦国時代に携帯食として用いられそうな形状。当然そのくらい古くからあったのではないかという憶測。そして、何より戦国時代であれば、郷土の英雄上杉謙信にすべて花を持たせようというむきもあるかもしれません。いつの日からかそのように伝えられるようになったのではないかと思います。

  2 3 については少し事情が違ってきます。というのもいずれも歴史的資料が現存しているからです。 2 「北越軍記」に上杉謙信の家臣宇佐美定満の発明とあるのですが、この著者は定満の孫定祐でありこの著書自体自家や自軍を引き立てる記述が多く真偽のほどはわかりません。 3 「北越風土記」はもう少し信憑性があります。それによると1554年(天文23年)に上杉謙信が越後の春日山城を出る際、柿崎城主に仕えていた菓子役人が、兵糧として中国のちまきをまねて考え出したというものです。とはいえ大きな問題があります。 1 2 3 に共通していることですが、後述するように上越地方に笹だんご、ちまきを作り食する習慣がないという現実がこれらの説に大きく立ちふさがってきます。せっかく郷土の英雄やその家臣が開発したものを、後世に渡ってその領土にあまり伝わっていないというのはおかしなことでしょう。

  4 はかなり現実味があります。笹だんごの材料は米、小豆、ヨモギ、笹、イグサでありすべて野山など手近にあるものです。また、古くからこの国の庶民=農民は米しか頼るものがなく、しかも長い間丸米=白米は特別なハレの日のものであり、日常の日に口に入れることが出来るのはくず米などしかありません。これらの加工品として生まれてきたのではないかというのは十分説得力のある説といえます。